いまVR来ていますよね。

先日訪問した国際展示場で開催されていたコンテンツ東京でもVR製品がかなり熱く展示されていました。

そんな熱いVRをドスパラ様のご厚意で体験することが出来ましたのでそのレポートをしていきたいと思います。

当日の製品展示会の様子はこちらからご覧いただけます。
>>>VRが熱い! ドスパラ2016年夏 製品展示会に参加レポート

dospara2016070809

そもそもVRとは

VRは、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略式名称で、日本語では”仮想現実”とも呼ばれています。

これだとなんだかわからないですがコンピュータが作り出した疑似的な空間を体験出来るようになってきたという事です。
これは現在色々な分野で活用されようとしていますが今回はゲームの世界を体験です。

VRの世界は360度なのでゲームの中でも360度から敵や見方が現れたりします。

実際どうやるの?

実際に使うのはパソコンと Vive です。

dospara2016070827

dospara2016070829

dospara2016070828

今回は初めてだったこともあってインストラクターの方が装着してくれました。
ただ、これは慣れれば自分一人で簡単に出来そうです。

dospara2016070830

パソコンのソフトを立ち上げてゲーム開始です。
今回は以下のゲームが用意されていました。
・Steam
・Steam VR
・The Brookhaven Experiment Demo
・theblu
・TiltBrush
・The Lab

管理人が挑戦したのはThe Labの中のドローンを使って相手方を撃ち落とすというものです。
敵は360度から攻撃してくるので結構キョロキョロしないと発見できないですね。

ただ、360度といっても今回のソフトは下からは来なかったので少し優しいのかもしれないですね。
まあ、地上のステージの限りあまり下からは来ないか。。

結果は管理人は無残にも無数のレーザーを受けて真っ白になってしまいました。
結構難易度高いかも。。。
でもリベンジしたい!という気が沸々と起こっていたのですが時間の関係で再戦は出来ませんでした。

周りの人の実践を見ていてもうわっ!とか声を出しながらプレイして楽しんでいたのでかなり好評の様でした。
戦闘物以外にもペイントで空間に自由に絵や文字を描けるソフトがあってこれもかなり好評でしたね。

では何をそろえれば出来るの?

  • VRに対応できるパソコン
  • VR用の装置
  • 実際にプレイする部屋

ですね。

ではまずVRに対応できるパソコンから
グラフィックカードのGTX1080もしくはGTX1070搭載したモデルが良いとのこと。
dospara2016070814

ドスパラさんのラインナップで行くと
・GTX1080搭載モデル
>>>GALLERIA ZG

・GTX1070搭載モデル
>>>GALLERIA XT

二つがお勧めの様で特にGTX1080搭載モデルのGALLERIA ZGがお勧めとのことでした。

また、VR用の装置に関してはHTC社の Viveです。
この商品の詳細はこちらから確認できます。
>>>詳細情報

実際にプレイする部屋に関しては2mx2m~5mx5mの大きさに対応しているとのこと。
今回利用させていただいたのは2mx2mでしたがこの大きさでもかなり楽しめます。
また、プレイヤーの動きを追うセンサーを対角に設置する必要があります。

若干気になるのはVive本体とプレイヤーとのケーブルの取り回しの部分で、今回は天井方向につるして有りましたが自宅の場合どのようにするのか考えないと行けなそうです。
ここは本当は無線になっていると凄く良いんですけどね。

でも一度やると嵌ると思いますよ。

そういえばドスパラさんの本社(今回利用させていただいた施設)で無料体験が出来るようですので一度体験してみるのも良いと思いますよ。
>>>VR バーチャルリアリティ HTC Vive
またドスパラさんのプレミアム会員になると優先予約が出来るようです。
申し込みはこちらのページの一番下にあります。
>>>>>>無料体験申し込み

<<関連記事>>
VRが熱い! ドスパラ2016年夏 製品展示会参加レポート
パソコン組み立て初めてのあなたも安心! お得なパーツの犬モデル


スポンサードリンク