外観チェック

Critea VF-HE11 レビュー 外観チェックです。

基本スペック

サイズ:約386(幅)×258(奥行き)×23(高さ) mm
質量:約約 2.1kg(バッテリー含む)

液晶:15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ (1920 x 1080 ドット表示)

液晶画面

<<正面>>
Critea-VF-HE11-06

<<斜めから>>

Critea-VF-HE11-07
<<さらに斜めから>>

Critea-VF-HE11-08

液晶の視野はかなり広いですね。

Spyder Elite(カラーセンサー)による色域測定結果です。

大体ノートパソコンだとsRGBで70%程度が標準なのですが、sRGBで57%、adobeRGBで43%と若干狭めの色域になっています。
ただ余程色を意識する使い方でなければ肉眼で見た限りでは気になりませんでしたので問題ないように思えます。

 

Critea-VH-HE11-24

Critea-VF-HE11-23

本体の外観

<<右側面>>
・マイク入力・ヘッドフォン出力
・USB 2.0

Critea-VF-HE11-03

 

<<左側面>>
・電源コネクター
・有線LAN
・D-Sub 15 x1
・HDMI

Critea-VF-HE11-02

<<前面>>

・SDカードリーダー (SDXC対応)

Critea-VF-HE11-04

指紋等は目立たないので良いですね。

Critea-VF-HE11-18

 

<<裏面>>

Critea-VF-HE11-05

厚さは×23mmなのでちょうど読んでいた本と同じ位ですね。

Critea-VF-HE11-14

 

大きさ的にはA4サイズより大きめの386(幅)×258(奥行き)×です。

15型なので持ち運び用として検討される方はあまり多くないと思いますが
質量が約 2.1kgと15型としてはかなり軽めなのでたまに持ち運ぶ程度であれば行けそうな気がします。
ただ若干幅があるので持ち運ぶ時は少し大きめのカバンになりますかね。

 

Critea-VF-HE11-15

 

キーボードはテンキーが付いている形ですね。

キー配列自体は一般的な配列なので入力自体し易いですね。

ただ、テンキーは若干幅が狭いので人によっては慣れが必要な気もします。
※管理人は特に問題なく入力できました。

Critea-VF-HE11-09

 

Critea-VF-HE11-10

Critea-VF-HE11-11

パッド自体の操作感もかなり使いやすいです。

 

Critea-VF-HE11-12

ACアダプタ

電源は15型にありがちな大型のものではなくかなり小型で軽量なものが付属しています。
本体の質量も割と軽めで実は持ち運びを意識したモデルだというのが判りますね。

Critea-VF-HE11-16

 

外見チェックのまとめ

15.6インチ フルHD搭載でCPUもCore i7で耐熱対策をしているのにもかかわらず質量が約2.1kgというのはドスパラさんの技術を感じますね。

厚さも23mmと薄めなので常時持ち運びは無理にしてもたまに持ち出す程度であれば行けそうな気にもさせるスペックですよね。

 
 

掲載商品の情報
こちらの商品の詳細情報はこちらから確認できます。
>>>詳細情報

 
 

次の記事はこちらです
>>>Critea VF-HE11 レビュー どこまで使えるのか? パフォーマンスチェック

<<関連記事>>


スポンサードリンク